びぼうろぐ

とても狭くとても浅い知識を備忘録として。

【限定販売】東京2020オリンピック記念硬貨のデザイン・購入方法

f:id:bolog:20180727134645j:plain

出典元:https://www.mint.go.jp/buy/coinset-online/hanbai_h30_olym-g.html

 

 2020年の東京オリンピック・パラリンピックまで2年を切りました。

 

各競技会場の整備が進む中、交通混雑緩和等のより良い“おもてなし”に向けた施策が検討され、まさにハード・ソフトの両面において加速度的に準備が整っていっています。

 

f:id:bolog:20180727134334p:plain

出典元:東京2020マスコット

また、東京2020マスコット「ミライトワ」「ソメイティ」なんかもデビューしちゃって、いよいよ実感が湧いてきました。

 

「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会記念貨幣」の限定発売も決まっています。

みなさん知ってました? 僕はつい先日です。記念貨幣の存在を知ったのは。

以下、詳細を書いていきます。 

 

 

 

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会記念貨幣とは

まあ、字面のとおりです。オリパラ開催を記念して造幣局が発行する硬貨(法貨)です。

法貨なので、それぞれの硬貨に額面が表記されていて、その額面で通貨として使用できます…が、後ほど紹介のとおり額面よりも購入価格が上回るので、一般的には収集目的での購入になるかと思います。

2016年のリオオリンピック開催直前に財務省より発行決定の旨が発表されています。

 

記念貨幣の詳細

第一次発行分から第四次発行分まで4回にわたって複数種類の発行が予定されています。

なお、財務省の発表によると、全部で30種類程度のデザイン硬貨が発行されるとのことです。

第一次発行分

デザイン・種類

第一次発行分の硬貨の種類は以下になります。

f:id:bolog:20180727123738p:plain

f:id:bolog:20180727123749p:plain

出典元:2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会記念貨幣(第一次発行分)を発行します : 財務省

表面は、競技種目をモチーフとした硬貨になっています。

裏面はエンブレムですね。

限定・記念感がすごい!

 

販売価格

一万円金貨幣(流鏑馬と心技体):120,000円

千円銀貨幣(水泳・柔道):9,500円

百円クラッド貨幣(フェンシング・ボッチャ):額面での引換え※

※取扱金融機関の窓口にて、額面価格で引き換えることができます。

 

発行枚数

一万円金貨幣(流鏑馬と心技体):4万枚

千円銀貨幣(水泳・柔道):10万枚

百円クラッド貨幣(フェンシング・ボッチャ):394.8万枚

 

全世界において、金貨幣は19万人に一人、銀貨幣は7.6万人に一人しか保有できないレアものってことです。ざっくり言うと。

 

第二次発行分以降

第二次発行分〜第四次発行分の詳細はおって発表される模様。

続報を待ちましょう。

 

購入方法(期間限定に留意!)

造幣局HP(https://www3.mint.go.jp/)へGO!

造幣局オンラインショップ

↑↑↑こちらで販売をしています。

 

第一次発行分の販売はすでに開始しており、発行枚数を上回る販購入申込があった場合は、抽選になるそう。

第一次発行分の当選連絡・発送は、2018年の11月中旬〜の予定となっているようです。

 

購入申込受付期間

これはほんとに気をつけたいところです。

購入申込の受付期間が非常に短く、約3週間。

 

第一次発行分の受付期間は8月1日までです。

急いで!!

 

最後に

1964年から約56年ぶりの夏季オリンピック・パラリンピックの国内開催。

「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会記念貨幣」は一つの記念になる上、きっと将来的にものすごい価値が出てくるんじゃないかと思っています。

 

ほんとは第四次発行分までの金貨幣〜クラッド貨幣の全種類を集めたいところだけど、それは現実的に厳しいかな。

個人的には、百円クラッド貨幣は全種類集めつつ、好きな競技種目の千円銀貨幣が発表されたら申し込んでみようかと思っています。 

【おすすめ】ロボット掃除機「ILIFE V3s PRO」が安くて便利

前々から自動で掃除をしてくれる“ロボット掃除機”に魅力を感じていたものの…

・値段が高い

・ちゃんと掃除してくれるか不安

といった理由で、敬遠していました。

 

そんな折、かねてから使っていた掃除機が故障し、思い切ってロボット掃除機を購入してみました。

 

購入したのはAmazonで評判の格安ロボット掃除機「ILIFE V3s PRO」。

f:id:bolog:20180318211643p:plain

 

今回は「 ILIFE V3s PRO」の使用感などレビューしてみます。

他のロボット掃除機との比較はできませんが、誰かの参考になれば幸いです。

 

 

 

 

ILIFE V3s PROとは

外観・スペック

f:id:bolog:20180318201946j:plain

ILIFE V3s PROは中国のILIFE社が開発したロボット掃除機とのこと。このILIFE社、聞き馴染みがないものの顧客対応は良いみたいです。

 

サイズ:直径30cm、高さ7.6cm

最大稼働時間:120分

電池:リチウムイオン電池2600mAh(交換の場合はILIFE社に連絡)

 

使用方法

使用方法はとっても簡単。

充電済み本体の“CLEAN”ボタン、もしくはリモコンの開始/ストップボタン(下写真の①)を押すだけです。

基本的にはあとは放っておいて大丈夫。掃除が終了したら勝手に充電台に帰っていきます。

f:id:bolog:20180318205201p:plain

あわせて簡単に他の機能も紹介します。

②:プラン⇨掃除時間の予約設定ができます(写真の赤枠が該当時間)

③:クロック⇨現在時間の設定です

④:スポット⇨スポット掃除ができます

⑤:ホーム⇨本体が充電台に帰ります

⑥:エッジ⇨本体が壁に沿って掃除をします

これで全部です。とってもシンプル。

 

f:id:bolog:20180318200819p:plain

 仕組みもシンプルです。

写真のサイドブラシLRが回転し、ゴミを真中の吸気口に集めて吸い込んでいます。

 

価格

17,900円

超低価格ですね!

 

 

レビュー

使用感 ★★★★★

全体的な所感

結論から言うと、素晴らしい商品だと思います。

他の上位機と比較はできませんが、しっかりと「掃除」をしてくれます。あまり不満はありません。

しかもこの低価格です。コスパ最強だと思ってます。

 

ゴミの取り残しはほぼゼロ

ロボット掃除機にとって一番大事なポイントかと思いますが、綺麗に掃除してくれます。

通常稼働に加えて、上のスポット・エッジ機能を組み合わせれば、ゴミを取り残すことはほぼ無いかと思われます。

 

掃除しづらい家具の下もピカピカ

自分では掃除しづらい家具の下もしっかりと掃除してくれます。

「ILIFE V3s PRO」の本体高さは7.6cmなので、それ以上の隙間があれば奥まで入っていきます。

 

f:id:bolog:20180318201350p:plain

ホコリが溜まりやすいところなので助かってます。

 

多少の段差(ラグなど)は無問題

 多少の段差(〜1cmくらい?)なら乗り越えていきます。

ラグやカーペットはもちろん、引き戸のレールなんかもなんなく通過していきます。

 

障害物回避・落下防止もしっかり機能

家具の脚などの障害物や、階段などの高低差もしっかりと感知してくれます。

ただ黒色系の障害物の感知は少し弱いようで、たまにゆるりと衝突したりしてますが、本体のバンパーによって衝撃を吸収するため、本体に傷がつくことはありません。

 

予約機能が便利

予約機能は本当に便利。

あらかじめ設定した時間に勝手に掃除を始めてくれるので、お出かけ中に掃除をお願いしておけば、帰ってくる時には家がピカピカなんてことも。

 

欠点は感じない…でも強いて言うなら

部屋の隅が少し苦手

部屋のコーナー部はサイドブラシが届きにくいため、ゴミが少し残ってしまうかもしれません。

これはロボット掃除機の宿命なのかな?

 

充電台(ホーム)周囲には多少のスペースが必要

本体の充電が少なくなると勝手に充電台に戻るようになっていますが、充電台の周囲に障害物があると、そこに引っ掛かって帰れなくなってしまうことがあります。

目測ですが、充電台の前は1mほどスペースを空けておく必要がありそうです。

f:id:bolog:20180318140111p:plain

  

その他のILIFE機種

A4s

こちらのタイプは「静音性」と「吸引力」が特徴のようです。

V3s PROの作動音も一般的な掃除機と比較すると小さいように感じますが、静かに越したことはないですね。

また、吸引力が強いとのことで、カーペットなどもしっかりと掃除できるみたいです。

 

V5s PRO

こちらの特徴は通常の「吸い込み」に加えて「水拭き」ができることです。

毎日の掃除の中で水拭きまで行うのはなかなか大変かと思われますが、これがあれば常に床を清潔に保てられますね。夏場なんか重宝すると思います。

 

A6

こちらの特徴は仮想の「壁」を設置して通行止めをすることができること。

通行止めによって効率的な掃除ができるし、なにより配線コードの巻き込みといった思わぬ事故を未然に防ぐことができそうで便利です。

 

どの商品も高評価・低価格

いずれの商品もAmazonでの評価は高く、なにより低価格です。

ご自身の環境に応じてこれらの商品を検討するとよいと思います。

 

最後に

他のロボット掃除機にも共通して言えることかもしれませんが、勝手に掃除をしてくれるって本当に素晴らしい体験だと思います。

ILIFE V3s PROを購入してからは、家が(床が)綺麗に保たれています。

 

我が家では毎日日中にILIFE V3s PROを稼働させていますが、帰宅時にはピカピカになっていて、本体内のダストボックスには大量のゴミが…今まで掃除機がけをサボったりすることがありましたが、毎日こんなにゴミが発生していると知ってゾッとしてます。

なので、ズボラな人や家事に時間が割けない人なんかにおすすめ。

 

また副産物的な効果ですが、ロボット掃除機に気持ちよく掃除してもらうため、床にモノを置かないようになりました。

 

みなさんもILIFE V3s PROを購入して、毎日の掃除に革新を!

 

あわせて読みたいおすすめ記事

 

www.bibolog.net

 

www.bibolog.net

 

www.bibolog.net

 

www.bibolog.net

 

www.bibolog.net

 

【日本武道館単独公演】銀杏BOYZ「日本の銀杏好きの集まり」開催決定

 銀杏BOYZの日本武道館での単独公演が決定しました。

 

www.bibolog.net

 

↑↑↑この記事でも紹介しましたが、銀杏BOYZはつい先日5〜6月の新ツアー開催を発表したばかり。

 

ツアーを経てパワーアップした銀杏BOYZが、あの音楽の聖地“日本武道館”でどんなパフォーマンスを披露するのか、非常に楽しみです。

 

詳細を綴ります。

 

 

 

公演詳細

日時

2017年10月13日(Fri.)「日本の銀杏好きの集まり」@日本武道館

17時30分開場→18時30分開演になります。

 

前売り6,000円(税込)で全席指定席です。

 

中には“指定席”というのが気になる方もいるかもしれません。前の方でモッシュとかワイワイできないんじゃないか…。

 

2016年の「東京の銀杏好きの集まり」@中野サンプラザでも指定席での公演でした。

確かにそういうのはあまり見られませんでしたが、観客が自席にてそれぞれの楽しみ方ができていて、それでいて一体感もあって、あれはあれでとても印象的なライブでした。音響がすごく良かったし。

 

トレイラー

オフィシャルからトレイラーが公開されています。

 

峯田和伸コメント

f:id:bolog:20170408135753p:plain

銀杏BOYZは、これまでに積み上げてきたものを、積み上げる度にガシャガシャと壊してきました。だから、積み上げたものが何もないんです。そういう僕みたいな奴が日本武道館のステージに立っていいのかとも思ったけど、この日本武道館公演をスタート地点と思うようにして『これが銀杏BOYZです。これからよろしくお願いします』っていう初心の気持ちでライブに挑みたいと思っています。
銀杏BOYZ 峯田和伸

出典元:銀杏BOYZ 日本武道館特設サイト

 

 

チケット先行予約開始

オフィシャルWEB最速先行と題してチケット先行予約が始まっています。

受付期間は2017/4/6(Thu.)12:00 〜2017/4/16(Sun.)23:59

結果発表開始日時は2017/4/18(Tue.)18:00〜

 

この先行を逃すとチケットを取れなくなってしまうかもしれません。

この機会に是非!

 

三ヶ月連続シングル発売

日本武道館公演の発表と併せて、三ヶ月連続シングル発売の発表もありました。

 

シングルの発売は、2016年4月に発売された「生きたい」ぶり。

 

先日のGOING UNDER GROUNDと対バンした「全方位全肯定 vol.2」では新曲「エンジェルベイビー」を披露していますし、過去ライブやラジオでのみ披露している曲もたくさんあります。

 

発売日等の詳細はおって発表される模様。

続報を待ちましょう。

 

最後に

新ツアー、三ヶ月連続シングル発売、日本武道館単独公演…と精力的に活動している2017年銀杏BOYZ。

 

ファンとしては、生きる糧が増えて嬉しい限りです。

 

これからも彼らの活躍を期待しましょう。

 

あわせて読みたいおすすめ記事

www.bibolog.net

 

www.bibolog.net

 

www.bibolog.net

 

www.bibolog.net

 

www.bibolog.net