読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

びぼうろぐ

とても狭くとても浅い知識を備忘録として。

写真展「ファーストアルバム」~銀杏BOYZと川島小鳥と池袋パルコ~に行ってきたので感想を綴らせてください

スポンサーリンク

あれは2007年のことでした。どうやらそうらしい。

 

高校生の僕は銀杏BOYZが好きで好きで、その日は待ちに待ったシングル「あいどんわなだい」の発売日でした。

タワーレコードでそのジャケットを目にしたとき、魅入られたのを覚えています。

歌詞カードのうしろに”写真 川島小鳥と書かれていて

「ん?撮った人って女性?」って思ったことも覚えています。確かに覚えています。

名前が女の子っぽいってのもあるけど、そのジャケットの写真がどう考えても男目線で切り取った一枚に見えたからです。

 

 

・・・正解は男性です。

 

 

その日以来、僕は写真家”川島小鳥”に惹かれ続けているわけですが、このたび彼が銀杏BOYZのトリビュート写真集「ファーストアルバム」の発売を記念した写真展を開催したので、初日である本日さっそく行ってまいりました。

 

この記事では、写真展の様子感想について触れたいと思います。

 

写真展の様子

会場は池袋パルコの7Fで、入場料無料です。

開催期間は2016/12/15 (木) ~2017/01/09 (月)となっています。

  

f:id:bolog:20161215193309j:plain

入り口はこんな感じ。

写真の左側に赤いカーテンが設置されていて、そこが入り口になっています。

 

中には所狭しと大小さまざまな彼の作品が並べられ、趣向を凝らした展示になっています。

興奮します。

 

f:id:bolog:20161215193357j:plain

会場では、銀杏BOYZ峯田さんセレクトのミックステープが流されています。

僕が入ったときは「私がオバさんになっても」が流れてました。ずるいでしょこれ。

 

物販はすごく面白かったですよー

彼の写真集はもちろん、伊賀大介 × TANGTANGやkeisuke kandaとのコラボTシャツ、ガチャガチャ(キーホルダー)、カレンダー、銀杏BOYZのCDとかDVDとかもありました。

f:id:bolog:20161215193449j:plain

僕はカレンダーと、限定セット(サイン入り写真集やオリジナルカセットテープ、缶バッジ等の詰め合わせ)を購入しました。数量限定の峯田さん書き下ろし缶バッジもゲット!

 

平日の夕方だったので、そこまでの混雑はなかったです。

あえて写真は掲載しないので、是非ご自身の脚で行ってみて感じてみてください

 

 

写真展の感想

行って良かったー!!

被写体の女の子との触れられそうで触れられなさそうな距離感が絶妙でドキドキする気持ちを感じることができました。

 

被写体の女の子がこっちを見ていたり、ポーズを作って写っているパターンが多いのですが、自分と被写体の女の子が同じ空間にいて、自分だけに向けてキメてくれているような錯覚に陥ります。甘い感じ。

 

一方で、女の子は笑っていないから、やっぱり「モデル」と「撮影者の自分」みたいな遠さも感じて、胸にぽっかり穴が空いたような気持ちにもなります。

 

だから魅力的な写真なんだと思います。だから欲し続けてしまうんだと思うなー個人的に。

 

行って損はありません。 

そう、長居してしまったので帰ろうとしたところ、

なななんとご本人登場!!!うおーーー

 

混雑していなかったのでゆっくりお話させていただいて、いっしょに写真撮っていただいて、握手していただきました。

すごく気さくで低姿勢で話しやすい素敵なお方でした。

これからもファン続けさせてもらいます!

 

みなさんも是非会場に行ってみてください。

川島小鳥さんに会えるかも!

 

↓東京が遠くて来られない方は写真集見てみてください。すごいから。僕は全部持ってます。↓