読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

びぼうろぐ

とても狭くとても浅い知識を備忘録として。

【お詫びがもらえる?】Amazonの心当たりのない商品を返品する方法

スポンサーリンク

f:id:bolog:20170320191400p:plain

 

先日、Amazonから我が家に心当たりのない商品が届きました。

届いたのは高級な炊飯器…。

僕はAmazonを頻繁に利用しますが、こんなことははじめてです。

 

「あー、ちょうど炊飯器が欲しかったんだよなー」

「これってもしかしてプレゼント?」

 

…なんて気持ちを押し殺して、しかるべき人の元へ届くよう手続きをしたので備忘録的に記録を残しておきたいと思います。

 

 

 

 

コトの経緯

まずは誤商品を受け取ってしまった簡単な経緯です。

 

ポストに「ご不在連絡票」発見。「宅配ボックスへお届けさせて頂きました。」との記載あり。

「ん?なんか買ったっけ?」

連絡票をよく見ると住所は我が家だけど、宛名が違う人の名前。

前の居住者が住所を間違えて発注したと気づく。

 

対面で受け取りの手続きができていれば、こんなことにはならなかった…。

面倒くせー。

ってことで荷物は対面で受け取るのがベストですね。当たり前ですが。

 

まずは管理会社へ連絡

この誤商品の受け取りの一連の流れ、Amazonやヤマト運輸に瑕疵はありません。

ただの発注者(前の居住者)のミス。

 

だから最初はAmazonに問い合せるのも違うのかなーって思って、とりあえず管理会社に連絡してみました。

 

そしたら

「うちに言われても…Amazonに返品してください。」

 

うん、そりゃそうだ。

ということで素直にAmazonに問い合わせて返品することにしました。

 

Amazonに返品する方法

前置きが長くなりましたが、Amazonに返品する流れを示していきます。

以下、カスタマーサービスへの問い合わせを経由して返品する方法になります。

 

カスタマーサービスに連絡

まずはこちらにアクセスし、「カスタマーサービスに連絡」をクリック。

f:id:bolog:20170320183847p:plain

 

次の画面ではサインインが求められます。

f:id:bolog:20170320183952p:plain

カスタマーサービスと連絡を取った際に、本人確認等することになるのですが、その手続を短縮するためだそうです。

アカウントを持っていない方は、サインインの省略が可能です。

 

次に問い合わせの種類、内容、方法を問われます。

f:id:bolog:20170320184119p:plain

今回は種類と内容を記載の上、問い合わせ方法を電話にしました。

 

こんな画面になるので、電話番号を入力して“今すぐ電話がほしい”を選択。(急がせちゃってすみません。)

f:id:bolog:20170320184157p:plain

 

電話でのやり取り

クリックするやいなやすぐに電話が掛かってきました。

電話では最初に本人確認をした上で、コトの状況説明に移りました。

商品のダンボールに貼り付いている伝票の中の「お問い合わせ伝票番号」を求められ、すぐに発注者側のミスということが判明しました。

 

ここで肝心なのは返品方法。

今回はこちら側に瑕疵はないので、集荷に来てくれることになりました。

※場合によって返品方法は異なるものと思われるのでご留意ください。

 

電話した翌日以降の都合の良い日時を伝え集荷に来てもらいます。

ちなみに時間指定はざっくりとしています。↓↓↓

① 8−13時

② 13−15時

③ 15ー17時

④ 17ー19時

 

という感じであっさりと手続きが終了しました。

Amazonにも瑕疵はないとは思いますが…大変ですね。

 

(おまけ)お詫びがもらえた

電話終了し数分後にカスタマーサービスから再度連絡がありました。

夜遅い時間だったので、電話で希望した集荷日時(翌日の①)での集荷手配が叶わないとのことでした。

 

しょうがないので改めて集荷日時を決めると電話の最後に、

「こちらの不手際で◯◯様にはご面倒をお掛けしてしまいました。お詫びとして、Amazonプライムの更新月日を30日間延長させていただきます。それでは失礼いたします。」

 

…!?

…お、おう。ありがとう。

 

僕はAmazonプライム会員なのですが、どうやら会員期間を1月分延長してくれるみたいです。 

年会費3,900円(税込)なので、月額325円分のサービスをいただけたということになりますかね。

 

うん。ありがとうございます。気持ちは確かにいただきました。

これからも今までと変わりなく利用させていただきます。

 

最後に 

誤商品が届くという経験ははじめてでした。

みなさんもあまりないとは思いますが、もしこんなことがあったら面倒なことになる前にすぐに問い合わせてみてください。

 

…あとはもしかしたらお詫びがもらえるかも?