読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

びぼうろぐ

とても狭くとても浅い知識を備忘録として。

高円寺のおすすめ古着屋「BROTHER」で素敵な一点ものを

スポンサーリンク

言わずと知れた”古着”の街 高円寺。

www.bibolog.net

 

↑この記事でも少し触れましたが、高円寺にはほんとにたくさんの古着屋が集っています。

高円寺駅南口方面は特に激戦区となっており、ひとつひとつ中を覗いているとすぐに日が暮れてしまうでしょう。 

 

なので高円寺で古着屋巡りをする際は、あらかじめ行きたいお店の候補を挙げておくと良いと思います。

 

www.koenjimap.com

↑↑↑ここのサイトは高円寺の古着屋やカフェ・飲食店をマップに落としていて、古着屋巡りの行程を組みやすいです。

 

そんな行程を組むときに是非とも候補に入れていただきたいのが「BROTHER」という古着屋です。

「BROTHER」は高円寺の古着屋の中で僕が一番推している店です。推し店です。

 

今回はそんな「BROTHER」の情報や魅力を簡単に紹介します。

みなさんも素敵な古着との出会いを堪能できますように。

 

スポンサーリンク

 

 

「BROTHER」の店舗情報

www.instagram.com

 

「BROTHER」は2016年にエトアール通り商店街にオープンしたクラシックを主体とする個性的なアイテムを扱う古着屋です。

 

場所・営業時間

東京都杉並区高円寺南3-44-14 KNハウス1F

OPEN12:00〜CLOSE21:00

 

行き方

 

 「BROTHER」はエトアール通り商店街に店を構えています。

 

高円寺駅南口から右手50m程のところにあるパル商店街に入り、ヴィレッジヴァンガードを通り過ぎたら右に曲がります。

 

f:id:bolog:20170116231647p:plain

f:id:bolog:20170116231734p:plain

ここがエトアール通り商店街の入り口。

 

f:id:bolog:20170116231824p:plain

 エトアール通り商店街に入って1,2分くらい歩くと左手に店舗が見えてきます。

 

f:id:bolog:20170116231857p:plain

木の温もりが前面に押し出されたおしゃれな外観の店が「BROTHER」です。

 

だいたい高円寺駅南口から歩いて5分程でしょうか。

 

「BROTHER」の魅力 

質が高く個性的なクラシック系

「BROTHER」のInstagramを覗いていただけるとわかると思いますが、一点一点のクオリティが非常に高いです。

上品で個性的なアイテムがたくさん並んでいて、コーディネートの主役になれるものばかりです。

僕は100%の確立で素敵な出会いがあります。

 

服の価格は周辺の古着屋と比較しても安いわけではありませんが、一点ものということや質の高さを勘案すると妥当と言えると思います。

 

ちなみに先日「BROTHER」で一目惚れして購入したニットです。価格は約6,000円。

f:id:bolog:20170117000229p:plain

インパクトのある柄ではありますが、アウターやパンツに合わせやすい色使いです。

またダボッとしたフォルムがとても愛らしく、これ一枚で着てもおしゃれです。

 

行く度にこういった素敵なアイテムとの出会いがあるので、その都度ついつい買ってしまいます。

というかだいたいここでしか古着は買いません。

 

絶妙な距離感の店員さん

僕は服屋でガシガシ営業されるのが苦手です。

 

「よかったら試着してくださいね。」は全然気にならないのですが、

 

「そういうアウター探してたんですか〜?可愛いですよね〜。シルエットが特徴的で〜。是非着てみてください、はい。」

 

みたいに来られると、恐縮してしまってゆっくり服を見られなくなってしまいます。

 

その点、ここの店員さんはちょっと試着したい時とか必要なタイミングのみ手を差し伸べてくれるような適度な距離を保ってくれます。

このため居心地が良いです。

 

にも関わらず、客のことをしっかりと覚えていて、

「この前ニット買っていただきましたよね。」

なんて当然のように言われるので、

あぁすごいなー。また来たいなー。って思わせてくれます。

 

最後に

高円寺は素敵な古着屋さんがたくさんありますが、僕が一目置いているのは「BROTHER」です。

僕は高円寺に住んでいるのでいろんな古着屋を巡りますが、最近は「BROTHER」でしか古着を買いません。

別にこの店の回し者ではないですよ。

 

素晴らしい古着を求めて 高円寺に来る際は是非!